離婚が究極の選択になる理由

離婚が人生の究極の選択になる理由について

離婚が人生を大きく変える転機になる、そう思うのはテレビなどでよくタレントが離婚した後に仕事が増えた、または仕事が減ったなどの変化を見ていると、常々思うことです。

 

あくまでタレントを例としているので、私には関係が無いと思うかもしれませんが、問題の大なり小なりの違いはあっても、一般でも離婚が今後の人生に影響を及ぼすことはあります。

 

例えば、子供に関してです。
離婚をすることで、子供がいれば、父親と母親どちらが親権を持つか、また養育費についての問題が発生します。
一般的に子供がいて離婚をした場合、母親側に子育てをする問題が無ければ、子供の親権は母親に優先される傾向にあります。
しかし、親権を求める父親も多く、子供がどうすれば幸せな将来を得ることが出来るのかを短い期間で決めなければならないのです。
どちらが子供の親権を持つかで、子供のと親の将来は変化します。

 

これだけでも十分に究極の選択だと私は思います。

 

さらに、離婚をする原因が浮気や相手側に多きな問題があった場合に、調停離婚で慰謝料の請求をする場合もあるでしょう。
請求金額と今後の生活など考えると多くの金額を求めたいと思うのが人間ですが、決めるのは裁判所になるので、今後の生活を全て慰謝料でまかなうことは到底不可能です。

 

これらの内容から、離婚が人生の究極の選択になる理由です。